大学生活

naturie『ハトムギ化粧水』レビュー

今回は、naturie(ナチュリエ)の『ハトムギ化粧水』を使うとどのような結果を得られるのか書いていきます。

同じくnaturieの『ハトムギ保湿ジェル』について、レビューを書いています。化粧水だけだと保湿が十分にできない方や、化粧水タイプよりもジェルタイプの方が好きな方は、下のリンクからご覧ください。

『ハトムギ保湿ジェル』レビュー今回、スキンコンディショニングジェルと言われるnaturie(ナチュリエ)のハトムギ保湿ジェルを購入しました。 お風呂上がりや、朝...

『ハトムギ化粧水』の好きなところ

まずはじめに、『ハトムギ化粧水』の好きなところに触れていきたいと思います。

書き出してみると大きく3つありました。

  • たっぷり使える
  • さっぱりしている
  • 余計なものを感じない

たっぷり使える

まず1つ目は、「たっぷり使える」ところです。

『ハトムギ化粧水』は、500mlで定価が702円(税込)です。amazonで買えば、593円(税込)となります。(4月3日現在)

500mlで1000円以下というのは他の化粧水に比べると、圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。

例えば、150mlで1300円だったり、360mlで4000円。高いものでは、330mlで23,000円のものまであります。『ハトムギ化粧水』と比べると、とても高いですよね。

高い値段のものには、原料に高級なものを使っているなどの値段が上がる理由があります。

僕としては、高いものをただ避けているのではなく、自分はここまでお金をかけなくていいかなと考えているのでコストパフォーマンスの良い『ハトムギ化粧水』を使っています。

世の中の人を大きくて分けると3つに分類されると考えています。

  • 「美容に関してお金をかける人」
  • 「美容に意識はあるがお金をかけない人」←僕はこれ。
  • 「美容に興味すらない人」

今回の『ハトムギ化粧水』は、2つ目の「美容に意識はあるがお金をかけない人」に向いていますね。そこまでお金をかけたくないけど一応、乾燥対策だったり肌に潤いを持たせたい場合は、おすすめです。

さっぱりしている

容器の裏に「たっぷりつけてもベタつかず、重ねるほど肌になじみ、肌荒れのないなめらかな素肌を保ちます」とあります。

僕は顔が乾燥していくのが嫌なので、お風呂上がりは『ハトムギ化粧水』をすぐにつけています。しかも、3回重ね塗り。

化粧水にはベタつくものがあったりしますが、『ハトムギ化粧水』はベタつきません。肌につけると、お風呂上がりでなくてもひんやりとするの感じて水分が肌に浸透してきます。重ね塗りをすると、より一層浸透するのを感じます。しっかりと保湿されている感じもあり、かなり潤います。

余計なものを感じない

『ハトムギ化粧水』は、無香料・無着色・低刺激」を製品の特徴としています。

香りは、無臭というわけではあり

ませんが無臭に近い素材のにおいという感じです。特に嫌なにおいがするといったことはありません。

化粧水の中には、香料を少し加えている商品があると思います。特に良い香りを求めていないという方はおすすめです。

次に色に関してですが、こちらも着色料を使っておらず乳白色です。

最後に刺激があるかどうかなのですが、製品の情報としては低刺激と記載されています。使ってみての感想は、特に刺激を感じることはないかなといったところです。肌につけた時に水分が浸透してひんやり感じますが、冷たくて気持ちいいと感じる程度です。

このように、におい・色・刺激において無駄なものが感じられない化粧水です。

『ハトムギ化粧水』の残念なところ

保湿力があり、コストパフォーマンスもよい『ハトムギ化粧水』ですが唯一残念だと感じている部分を物申します!!

それは、化粧水を出す部分です。naturieの商品は、キャップを外してボトルを傾ける必要があります。最初の頃は全く手間を感じていませんでしたが、amazonでストックを購入しようと調べていたらSKIN AUTHORITYの『ハトムギ化粧水』を見かけました。この商品は、ポンプ式を採用していて実際に使ってみるとポンプ式の楽さに心を奪われました。

ああ、naturieもポンプ式を採用すれば良いのになと、、、

ただ、上記のように保湿力・コストパフォーマンスにおいてナチュリエの『ハトムギ化粧水』はとてもおすすめです。

『ハトムギ化粧水』の使い方

おすすめの使い方はこちらです!

基本的には、朝と夜の計2回

 

朝は、洗顔後に保湿を行うためにつけます。500円玉の量の『ハトムギ化粧水』を3回重ねづけします。手で何回かパックする感覚で馴染ませます。

化粧水自体、冷たいので顔につけるとひんやり感じると思います。肌がひんやりしてきたら、水分が馴染んだサインだと思ってください。

『ハトムギ化粧水』は、プレ化粧水の役割も期待できるので、洗顔後すぐにつけることで、その後につけるスキンケアのなじみを良くします

 

夜は、お風呂上がりの保湿で使いましょう。ハトムギ化粧水は、顔の保湿だけでなく全身の保湿にも使えます。量もたくさんありますし、気兼ねなくジャブジャブ使えると思います。

時期にもよりますが、お風呂を出てから時間が経つにつれて、どんどん肌の乾燥は進みます。そのため、浴室内で体を拭いて化粧水をつけるのが、もっとも保湿効果が高いと言われています。ただ、人それぞれスタイルはあるのでお風呂をでたら、出来るだけ早く化粧水をつける意識で行動していただければ大丈夫です。つける量は、朝と同じです。

もし時間があれば、ローションパックをすると保湿効果は上がります。コットンやフェイスマスクに『ハトムギ化粧水』を含ませて、3分ほどパックすると手で行うより潤いが増したように感じました。自分の印象としては、かなり効果が高いので是非試して欲しいです。

結論『ハトムギ化粧水』は使うべし!

今回は、naturieの『ハトムギ化粧水』についてご紹介しました。

「美容を気にかけようと思うがお金はかけない」という方は、たくさん入っていて値段も安いので、是非一度試してみてください。

上手に使えば、かなり保湿力も高く、肌が潤うと思います!