映画

【ネタバレなし】ハリウッド、期待の実写化「名探偵ピカチュウ 」レビュー

公開から間が空いてしまいましたが、やっと「名探偵ピカチュウ 」を観てきました。

発表当初から期待と不安が入り混じっていた本作。早速レビューしていきます!

期待以上の作品愛

アニメや漫画、ゲームの実写化というのはどうしても不安になってしまうものですよね。

実写化される作品というのは多くのファンがいるからこそ実写化されますが、だからこそ原作とあまりにかけ離れたものが出来上がると批判の的になってしまいます。

それは洋画、邦画関係なく起こりうることです。

成功している実写化作品に共通することは

  • 「作品愛を感じる。」
  • 「作品をリスペクトしている。」

ということです。

今回「名探偵ピカチュウ 」を鑑賞して最も感じられたのはこの部分です。

「ポケットモンスター」といえば世界中で愛されている作品ですし、ゲームをしたり、アニメを観て育ったという人も多いはずです。

裏を返せばそれだけ愛されている作品を実写化するわけですから、大きな期待がかかりますし、逆に大きな不安も感じてしまいます。

ただ「名探偵ピカチュウ 」はそんな不安を吹き飛ばしてくれる最高の作品でした。

今作は人間とポケモンが共存している世界を一切の違和感なく実写化することに成功しています

ポケモン一匹一匹に生命を感じることができるのです。

劇中ではたくさんのポケモンが出てくるわけですが、もちろんそれは全てCGで描かれます。

ただそれだけたくさんのポケモンが出てきてもその一匹一匹がしっかりと画面の中で生きていました。

原作ではポケモンに様々な生態が設定されていますが、そんな生態も細かく描かれており、随所に作品愛を感じることができました。

ストーリー

ストーリーに関してですが、鑑賞前はどのような内容になるのか想像できませんでした。

実際に観てみると起承転結がしっかりとしており、特に難しい内容でもないので、子どもから大人まで全員が楽しめる内容でした。

また実写化オリジナルの設定がうまく活きており、それがポケモンを魅せることにもつながっておりナイスな設定だなと感じました。

吹き替え版

今回僕は吹き替えで観ました。

主人公のティムは「竹内涼真さん」ヒロインのルーシーは「飯豊まりえさん」ピカチュウは「西島秀俊さん」が演じていらっしゃっていて多少の違和感は感じたものの、アニメのファンはニヤッとしてしまうようなサプライズがあり吹き替えもありだなと思いました。

最後に

「名探偵ピカチュウ 」この実写化は大成功と言って間違いありません。

ファンの期待に応えながら、初めて観る人でも楽しめる内容で、素晴らしい作品に仕上がっていました。

僕自身も可愛らしいポケモンたちにとても癒されてしまいました笑

最大級の作品愛を感じる作品「名探偵ピカチュウ 」ぜひご覧ください!!